2005年04月30日

花一杯のお墓参り

 30日、久しぶりに家族6人全員が揃ったこともありお墓参りをしました。1週間前のお寺の藤棚はまだ蕾でしたが、今日は満開で蜂が忙しく花に群がり、つつじ、ミツガシワと、色とりどりの花が咲き誇っています。それに比べ香山公園のつつじの寂しさが気になります。手入れの仕方に何か問題があるのでしょうか? 
 今日、幼稚園からの友人のお父さんの葬儀があり、昨年の母上に続いての憂いごとです。尼崎のJRの事故を思えば、看病ができ順番を守ったことで納得せねばとはいうものの悲しいことに変わりはありません。合掌。
 

Posted by kobayashi at 15:47

2005年04月29日

中也賞 贈呈式

 29日、第10回中原中也賞贈呈式が行われ、詩集「オウバアキル」(over kill?)の作者、三角みず紀さんが受賞されました。私は昨年に続いて出席しましたが、私の楽しみはその記念講演です。今年の講師は宗教学者・国際日本文化研究センター所長の山折哲雄さんで、演題は「中原中也と宮沢賢治」です。話の内容は大変興味深いものでした。その中で演題とは直接関係ありませんが、特に面白いなと思ったのは、「日本人は宗教嫌いの骨好き。信仰嫌いの墓好き」との言葉です。また、岩手県出身の同氏は東北と山口の自然、風土の違いを、東北は「湿っている」山口は「乾いている」との言葉で表現されたことが印象的でした。

Posted by kobayashi at 22:24

2005年04月27日

議案説明会

 27日、5月16日の臨時議会に上程予定の補正予算3案の議案説明を受けました。いずれも合併に伴うもので、)楪舎別館として旧NHK会館の改修費 ▲乾濛泙療一に係る作成費 水道事業の電算統合費 の3件です。以上の議案に対して会派内でこれから調査や議論を深めていくわけですが、特に,遼楪舎別館としての旧NHK会館については慎重に行っていくつもりです。26日に行われました総務委員会の協議会でもこの問題がテーマで開催されたところです。本庁のスペース不足は理解しますが、やまぐち情報文化都市基本計画との整合性、NHKと市有地との交換、そしてそれに付随した駐車場や解体費の問題等、本庁舎別館としての観点だけでは判断できない問題だと認識しています。

Posted by kobayashi at 22:48

2005年04月25日

二市の市長選挙

 山陽小野田市と長門市の市長選の結果が出ました。注目していた投票率は下関市のようなことはなく、まずは安心したところです。投票結果については私の想定範囲を少しばかり超えていましたが、市民のために両新市の船出が円滑にいくことを願っています。
 それにしても、兵庫県尼崎市の列車事故はどうでしょう。信じられない事故です。詳細なことはわかりませんが、私に出来ることは少しでも事故の被害が広がらないことを祈るのみです。

Posted by kobayashi at 16:20

2005年04月24日

藤見の会

 24日、「第10回 藤見の会」が、ふしの学園の主催で法明院において行なわれました。ふしの学園の皆さんが着物姿で抹茶の接待をされたり、また住職による講話もありました。残念なことに法明院の裏庭の藤棚はまだ蕾の状態で、5月にならないと見ごろにはならないようです。しかし、自生するミツガシワは可憐な白い花を咲かせています。一度見学にいらっしゃいませんか?

Posted by kobayashi at 20:46

2005年04月23日

アユの放流

 23日、「清流にアユの放流」が宮野の川をきれいにする会の主催で行なわれました。宮野小学校の児童の手で体長7〜8cmのアユの稚魚が椹野川に放たれました。これは、椹野川漁協の協力のもと、これからの社会を支える子ども達が、自然に親しみながら河川環境や生物愛護等、豊かな心を育んでいくきっかけになることを願っての催しと伺っています。ホタルと同様にお世話する方は大変でしょうが、今年で11回目を迎えたこの行事が末永く続くことを願っています。

Posted by kobayashi at 18:09

2005年04月22日

シャクナゲの花

 22日、あるお宅へお伺いしたとき、ピンクと白い花が咲いており、シャクナゲだと教えてもらいました。私の知っているシャクナゲは背の低い花なのですが、そのお宅のは椿の木に咲いているように背の高いもので、大変珍しいとのことでした。私は白とピンクの2種類の花が咲いていると思ったのですが、シャクナゲは最初はピンクで、それから段々と白に変わっていくものだそうですね。知らないとは恥ずかしいだけではなく、おそろしいことだと思いました。

Posted by kobayashi at 17:32

2005年04月21日

小学校PTA会員 卒業

 21日、宮野小学校PTAの全体委員会に出席しました。これは5月のPTA総会を前に各部の部員さんに決算、予算等を説明するもので、私は監事として会計監査報告のために行きました。よく考えてみると末っ子の二男が卒業したことに伴い、私も長年親しんだ小学校PTAの会員を卒業したことになります。保護者として小学校へ行くことがもう無いのかと思うと寂しいものですね。

Posted by kobayashi at 23:04

2005年04月20日

宮野ホタルまつり合同会議

 20日、ホタルまつりの打ち合わせ会議に出席しました。今年もふれあい館を主会場とし6月4日(土)に開催されます。宮野のホタルは自然発生するようになったとのうれしい話も聞いています。これは宮野小学校の児童と先生、そして地域の人たちとの長年にわたる献身的な努力のお陰です。皆さん、是非宮野へお越し下さい。

Posted by kobayashi at 21:55

2005年04月19日

大内氏館跡 西門披露

 19日、大内氏館跡西門(大殿)の除幕式に出席しました。初夏を思わせるような晴天のもと、大殿小学校の児童の手によるお披露目です。6年生の「地域の歴史を学ぶ」という授業の一環でもあるとのことです。私は折角復元した西門をブルーシートで覆っていることに予てから疑問、というより不快に感じていましたので、ホット一安心しているところです。私のブルーシートのイメージは昨今の台風被害で使用されるように、決していい印象は持っていません。本気で「文化・歴史」と言うのであれば、それ相応の配慮や気配りがあって当然だと考えています。本当に文化と歴史の町を創ろうとする心があればブルーシートでとの考えは絶対に起こらないはずと思うのです。ほんの些細なことですが、本気とはそんなことだというのが私の拘りです。皆様はいかがお思いですか?

Posted by kobayashi at 18:12

2005年04月17日

山陽小野田市市長選挙

 17日、山陽小野田市と長門市の市長選挙が告示されました。先の下関市長選挙の50%を割る低投票率には驚きましたので、この度は投票率に注目しています。

Posted by kobayashi at 23:22

2005年04月16日

秋葉神社祭り 涼山

 15日、宮野小学校PTAの会計監査に行ってきました。
 16日、快晴のもと秋葉神社祭りのため宮野の最高峰(496m)涼山に登りました。私の地区、住吉の6人を含め、山頂の社には総勢30名余りのお参りがありました。簡素な神事の後、車座になってお弁当を食べながらワイワイガヤガヤです。天候にも恵まれ、春一杯の快い時を過ごすことができました。伝統は大切に護り、そして確実に受け継いでいかなければとの思いを新たにしました。明日、いや明後日以降に足の痛みが出ることでしょう。

Posted by kobayashi at 15:21

2005年04月14日

宮野中 親育会

 私には大学3年の長男、大学1年の長女と今年宮野中学校へ入学した二男がおります。二男の入学を機に、親育会(一般的にはPTA)の執行部に入れてもらうことになり、19:00からの会合に行ってきました。昨年は高校、今年は中学とPTAづいていますが、少しでも役に立てればと思っています。また、やるからには大いに楽しみたいとも思っています。これも子どもがいてくれるお陰ですね。

Posted by kobayashi at 23:18

2005年04月13日

情報芸術センター被災原因報告書

 13日、情報芸術センターの台風による被災の原因調査について、その報告書が手元に届きました。かなりのボリュームで、その多くは実験の模様や数値表示のため詳細にはまだ把握出来ていません。しかし、新聞等によると「屋根材が飛んだ原因は、屋根を覆う鋼板を固定する金具の強度が、メーカーの品質保証内ではあるが、ばらつきがあり設計通りの固定強度が発揮されていなかったこと。ただし、建築基準法上の問題はないが、メーカーの強度の保証値より低く見積もる『安全率』が考慮されていなかった。」との報道でした。いずれにしても今後とも、市の対応等注目していかなければと考えています。

Posted by kobayashi at 17:44

2005年04月12日

幼稚園 入園式

 12日、宮野幼稚園入園式。この春の卒業式・入学式というおめでたい儀式の締めくくりです。来賓の顔ぶれは殆ど同じであるため、最初に交わす言葉は「昨日はお世話になりました。今日が最後ですね。」となります。3歳・4歳・5歳、この年代の1歳の違い、1年間の成長は大きいなあと実感しています。今年の3歳児の入園は15人とのことですが、希望者は36人、つまり21人が入園できなかったということになります。幼保一元化も含め喫緊の課題だと認識しています。

Posted by kobayashi at 10:56

2005年04月11日

小学校 入学式

 11日、宮野小学校の入学式に出席しました。114名の新入生です。宮野中は113名の新入生ですから、少子化が進む中、地域ごとの格差が広がっているということでしょう。宮野に限って言えば、小・中の入学者が一定していることは地域の宝であり、「あるもの探し」の観点からこれを如何に持続していくかが大切なことだと考えています。

Posted by kobayashi at 13:53

2005年04月10日

秋葉様

 10日、秋葉神社の御札の御祓いに、瑞陽寺(宮野竜花)にお参りに行ってきました。火の神様を祭る、いわゆる秋葉講なるものは各地にあり、私の住む住吉は宮野の中で石丸・竜花・河原・住吉の4つの地区が講を形成しています。今年はたまたま私が住吉の総代として、4地区の会計を引き受けることになり、その役割の一つが御札の係ということです。お祭りは4月16日で、涼山の山頂にあるお社にお参りします。
 しかし、実際には私は秋葉様についてその由来など殆ど知識がなく、そのような者が総代をして良いのかとの思いもありますが、これから勉強することで許してもらおうと思っています。皆様の中でよくご存じの方がおられましたら教えて下さい。お願い致します。

Posted by kobayashi at 11:57

2005年04月09日

春 爛漫

 9日、まさに春爛漫。桜の花が咲き乱れています。一説によると,一気に開花するときは色が濃くなるとの話を聞いたことがありますが、今年の桜はピンクが濃いように感じます。
 昨晩ある会で「時節を誤るな」との言葉を耳にし、色々な思いを馳せる言葉ではありますが、時を知ることは大変難しいことだと思っています。事を成すということは、桜の花のように目に見えないところで凄まじい営みがあり、それが天の時を得て咲くのでしょうか?

Posted by kobayashi at 17:01

2005年04月08日

中学校 入学式

 8日、私の母校でもある宮野中学校の入学式に出席しました。「桜ヶ丘の学舎に・・・」と校歌にあるように、宮野中の周りには桜の木が沢山あるのですが、ここ数年この時期には桜がすでに散っていました。しかし、今年は見事な桜に出迎えられ、新入生や保護者にとっては思い出に残る入学式になったのではと思います。実は私の次男もその一人です。
 校長先生のお話の中で「川で釣りをしていた宮野中の生徒5人が、その周辺のゴミ拾いをして帰っていった。」との地域の方からのお褒めの電話があったとの紹介がありました。私はその生徒たちの行為は勿論のこと、その様な電話をして頂いたことに対しても、大変嬉しく思いました。というのは地域からの学校への連絡の多くは苦情です。児童や生徒は確かに悪いこともしますが、良いことも沢山しています。この度のように良いことを見かけたら学校へ連絡して頂くことをお願いします。それが学校と家庭と地域の連携を深め、信頼感を増すことになると考えています。

Posted by kobayashi at 22:41

2005年04月06日

桜 咲く

 6日、吉敷の維新公園へ立ち寄ったのですが、花見の家族連れで賑わっていました。日ごとに咲くのではなく、時ごとに咲く勢いです。週末は天候が心配ですが、桜の下で一杯を楽しめればと思っています。

Posted by kobayashi at 17:22

2005年04月05日

会派勉強会

 5日、介護保険制度について会派(山口未来クラブ)で勉強会をしました。これは、現行の山口市における介護保険事業の実施状況や実態等と併せて、現在検討されている介護保険法改正の方向性等について理解を深めようとのことで開催したものです。私は改正のポイントの一つに「地域密着」が示されていることに大変興味があり、具体的にどの様に展開されるのか、また展開できるのかに注目していきたいと考えています。

Posted by kobayashi at 21:26

2005年04月04日

足王様

 3日、足王神社例祭(宮野中恋路)にご案内頂き、餅まきをさせてもらいました。このお祭りは「足王様」と呼ばれており、足の病気に御利益があると信仰されています。その由来等は不明と言うことですが、中恋路町内会の皆さんの優しく暖かいおもてなしで、年々お参りされる方が増えているように思います。私は小さいときから知っていますので何とも思いませんでしたが、よく考えてみると「足王様」とは変わった名前で、奇祭の一つではと思っています。

 4日、長女の大学の入学式に広島へ行って来ました。父親の姿も思ったより多く安心して式に臨めました。先日私は高校の卒業式に初めて出席した(3/31)と述べましたが、実は私自身の大学の入学式にも出ていませんので、今回も初めての経験でした。更に恥を申すと、私は大学の卒業式にも出ていません。高校と大学の卒業式に出席していないのには正当な理由を憶えていますが、入学式に出ていないことは、いくら考えてもその理由が思い出せません。おそらくその当時は儀式という大切な節目をいい加減に考えていたのでしょう。なんと馬鹿なことをしたものです。いずれにしても、娘のお陰で初めて高校の卒業式と大学の入学式の雰囲気を味わうことができた、記念すべき今年の春になりました。

Posted by kobayashi at 21:56

2005年04月02日

「開山忌」法要

 2日、毎年この日に法明院(宮野)で開山忌法要が営まれますが、今年は土曜日であったこともあり、例年より多くのお参りがあったように感じました。私はその中でお説教を楽しみにしています。今年は周南市の安国寺住職である本多知隆師が、1時間にわたりユーモアたっぷりのお説教をされました。お寺へのお参りも、次の世代へと確実に伝承していかなければならないものだと思っています。

Posted by kobayashi at 17:44

2005年04月01日

観桜会

 1日、桜はまだ咲いていませんが、自衛隊の観桜会に出席しました。初めの挨拶で基地指令がおしゃった言葉が印象的でした。正確ではありませんが以下のような内容だったと思います。「桜見等の日本特有の歴史・文化を伝えていく場が少なくなっている。自衛隊では国内に限らず海外での活動をする中で、その様な日本の歴史・文化の伝承が大切だと考えている。」とのことでした。自衛隊の存在には賛否両論あろうかと思いますが、私は確かに日本の歴史・文化の伝承については、意識的な仕掛けをしなければいけない時代になっていると考えています。このようなことを意識的にしなければならないことは、誠に残念なことですが、今の日本の状況を考えると致し方ないと思っています。私たち大人がまずそれを自覚し、日本の将来を担う子どもたちに、真剣に伝えていかなければならないと考えているところです。

Posted by kobayashi at 22:53