2004年03月31日

15年度から16年度へ

 今日は3月31日、平成15年度最後の日。明日は新しい年度、平成16年度の始まる日。サラリーマン時代には全く意識していなかった「年度」ですが、行政では予算を始め殆どが年度基準になります。庁内では異動する人達が、今まで親しんだ机の整理等をしておられました。明日から新年度、新しい職場での活躍を期待しています。

 今、ドイツWCUPへ向けてのシンガポール戦が終わったところです。元気のなくなる最悪のゲーム、日本代表として試合以前の問題があると思いました。今日の先発はMF、FWの6人すべてが海外組。その内、通常リーグの試合に出ているレギュラーは何人いるでしょうか。私の憧れのジーコ監督ではありますが、そろそろヨーロッパ組の使い方を見直すときと思います。

Posted by kobayashi at 23:35

2004年03月29日

小春日和って 春夏秋冬?

 今日は柔らかな日差しが心地良い一日でした。ところで、「小春日和」って今日のような暖かく春を満喫できるような日を表現する言葉じゃないんですよね。気になって調べてみました。広辞苑では「小春」:(暖かで春に似ているからいう)陰暦10月の異称。「−ー日和」:小春の頃の暖かいひより。とありました。「小春日和」とは冬の初めの春のように暖かな天気、日。春の暖かい日について言う言葉ではない。と言うことなんですね。
 「小春日和」にこだわり、もっと調べてみると。 11月8日は立冬。この日から立春までが、暦の上での冬になる。そろそろ風が冷たくなり、すっかり寒くなる。ところがこの時季に、ポカポカと暖かくておだやかな、春のような日がおとずれるときがある。このような日を小春日和という。小春とは旧暦の10月、現在の暦では11月から12月頃になる。だから、真冬(1,2月)や本当の春(3,4月)には小春日和は使わない。とあるところに書いてありました。沖縄では小夏日和、アメリカではインディアン・サマー、ヨーロッパでは、老婦人の夏と言うそうです。アメリカの言葉には偏見が含まれているようで、昔「インディアン嘘つかない」と言うCM?でしたか、そんなのがありましたが、この嘘から由来しているようです。あたかもインディアンに騙されたかのように夏を思わせる陽気に逆戻りすることを示しているようです。日本は春を用い示すのに、他の国では夏です。あっ、沖縄は日本ですが、夏を使っていますね。いずれにしても、言葉はまさしく文化であり、歴史なのですね。

Posted by kobayashi at 00:00

2004年03月27日

異動シーズン

 春を迎え公務員をはじめ色々な分野の異動が新聞紙上を賑やかにしています。新たに社会人の仲間入りをする人、職場・職種を変わる人・長く勤めた職場を退職する人と様々な人生模様が織りなされます。山口市役所を退職される皆様、大変お疲れ様でした。お世話になりました。これからの人生に幸多かれとお祈り致します。また、高校のサッカー部の先輩がお二人、豊関地区の高校の新任教頭に同時になられました。おめでとうございます。私まで元気になります。
 いずれにしても、別れがあれば、それは新たな出会いの始まりでもあります。だから人生は楽しい。出会いを大切にしたいものです。

Posted by kobayashi at 11:14

2004年03月26日

テーブルにあるのはケーキ?

 昨日、阿知須町で15回目の法定協を傍聴した。本庁機能をどこに置くかの合意が出来なかった旨の報告があり、それを受けて数人の委員から「初心を忘れるな!」「原点に立ち戻ろう!」「まだ力を出し尽くしていない!」などと決まったように大きい声で訴えるような発言があった。しかし、何れも精神論的で、新たな展開を期待させるようなものではなかった。そうなることは予想していたが、改めて残念に思う。
 今行われている議論を「テーブルにケーキが1つ置いてあり、それを誰が食べるのが適当か?」に例えてみると。(本当にそれは美味しいケーキなのかどうかも疑わしく、本物かどうかもわからないが)
それぞれに自分が食べるのが相応しいと、もっともらしく主張する。あるものは体が大きい自分が食べるのが常識と言い、あるものは体の大小ではなく、栄養の吸収力が1番の自分が食べるべきと言う。そして、一番体の大きいと思われるものが、自分は我慢するから二人で分けて食べたらどうかと言う。
その長い話を、遠くでみていた数匹の猿が、最初は人間が話していると思っていたが、よく見るといつの間にかシッポが生えていて、自分と同じ猿になったと気づく。何だ同じ猿だったのかとその中の自称ボス猿が、のこのこと出てきてどの猿が食べるべきだと仕切ろうとし始めた。のが25日までの話。
 問題はケーキらしきものを食べる人を決めるのではなく、一旦テーブルから目を離し、、自分たちの手に持っている砂糖や卵や小麦粉に気づくことである。今やるべきことは、早く人間に戻り自分たちが持っている材料を出し合い、どうやれば自分たちの手でケーキを作り続けることが出来るのかに知恵を出し合うことだと思う。
 わかったようで、わからない話になりました。失礼しました。
 
 

Posted by kobayashi at 23:59

2004年03月25日

外部講師を招いての勉強会

 今日、9:30より12:00までの2時間半、明治大学政治経済学部助教授の牛山久仁彦氏を招いて、山口未来クラブの勉強会を開きました。氏は1961年(昭和36年)生まれの42歳、長野県諏訪市の出身。お願いしたテーマは「30年後、50年後の山口の発展のために、今、私たちが考えること」であり、地方自治論の専門家としての観点から講演をして頂きました。主に合併問題について、氏が直接関わってこられた具体的な事例を交え、分かり易く教えて頂きました。まだまとめていないこともありますが、明日25日は合併協が阿知須で予定されていること、しかも思わしくない方向に行きそうなこともあり、氏がおっしゃる県央合併に付いての報告は後日にします。ただ、氏が言われた「合併の成否は別にしても、合併問題はそれを通して現在の行政や地域などが抱える問題や課題を探る絶好の機会である」との言葉は大切にしなくてはと思っています。

Posted by kobayashi at 00:03

2004年03月23日

3月議会 最終日

 3月1日から始まった議会が昨日の22日に閉会しました。最終日での議案に対する採決を行う前の討論に、私の所属する会派である山口未来クラブの代表として参加しました。全議案に賛成する立場からの討論です。今議会は基本的には、平成16年度(来年度)の予算を審議するものですので、私たちの会派は、現執行部を支持する立場で臨みました。その中で、1つだけ要望したのは、水道事業への3億5千万円の補助金に関しては、予算執行を慎重に行って欲しいと述べました。そして、合併に関しては、本庁機能の位置問題で合併は暗礁に乗り上げていますが、そんな情けない議論は止めて、県央中核都市を実現するためにはどうしたら良いのかを、前向きに捕らえるべきと言いました。
 明日は東京の明治大学から講師を招き、勉強会を予定しています。詳細については明日以降に報告します。 

Posted by kobayashi at 23:46

2004年03月21日

家族そろって 墓参り

 今日の午前中、久しぶりに家族そろって(正確には母はお留守番でした。)墓参りに行ってきました。ここ約1年半の間、私の退職、選挙そして受験等で家族全員でお寺に行くことが出来ないでいました。お墓を掃除し、位牌堂にお供えをし、お寺さんとお話をする。何気ないことではありますが、心が落ち着き、穏やかな気持ちになります。

Posted by kobayashi at 22:59

2004年03月19日

小学校 卒業式に思う

 アテネ五輪へのサッカー出場を決めた翌日の心地よい朝、忘れてはならないことは、バーレーンを始めUAE・レバノンの中東諸国の健闘です。彼らのためにもアテネでの「U−23若き日本代表」の活躍を期待するところです。
 今日は宮野小学校の卒業式に出席させていただき、今帰ってきたところです。 中学校とはまた雰囲気の違う小学校の卒業式でした。例えば会場のレイアウトにしても、卒業する児童と在校の5年生とが向かい合い、その間に演台が置かれ、左右に先生方・保護者・来賓の席が設けられていました。人生の節目である卒業式に色々な工夫がなされ、送る側も送られる側もそれぞれに思い出に残るものになったでしょう。また、6年生と5年生を見比べたとき、体格の違いに驚きました。この1年間でいかに子ども達が成長するものかを改めて実感しました。
 今から、市議会の「県央部合併問題特別委員会」があります。暗礁に乗り上げた2市4町の合併について、論議を尽くしてきます。

Posted by kobayashi at 13:08

2004年03月18日

おめでとう そして ありがとう

 アテネへの道を自らの力で切り開いた U−23 若き日本代表 おめでとう! そして、感動と勇気を与えてくれて ありがとう。

Posted by kobayashi at 21:26

2004年03月17日

さあ アテネへの道 UAE戦

 その前に、今日、総務委員会が始まりました。総務部の予算審議の後、新規採用内定者の辞退の状況や第四次行革大綱での「複線型人事管理制度」の専門職の処遇等について質問しました。何れも人事についてですが、私は新卒採用にしても中途採用にしても、「選ばれなくては、選べない。」ことを言いたくて質問しました。つまり、採用するとは、採用する側が選ぶのではなく、まず受験者に数ある就職先の中から選んでもらわないと成り立たないと言うことです。今は、公務員に人気があるため、簡単に採用が出来ますから忘れがちになりますが、その当たり前のことを根底に持ち続けて欲しいと思っています。仕事がしてみたいと思われるような魅力ある市役所にならなければ、本当に必要な人材は確保できません。特に、これからの行政に欠かせない、秀でた専門性を持つ人材を、民間から中途採用するときの絶対条件だと思います。そのための基本理念が、行政運営から『行政経営』へと言う考え方だと思います。それを浸透させることが地域間競争に勝つポイントだと思っています。採用は例えばですが、すべてのことに当てはまると思っています。市民から信頼される魅力ある山口市を夢見ています。

 さて、今日のレバノン戦の結果はあれで「よし」として、18日のUAE戦に集中しましょう。多くを語りません。ただ一つ、山本監督への応援の弁を。『すべての責任は監督にあり』です。外野の声は一切無視し、あなたが最も信頼している選手を、自信を持ってピッチに送り出してください。私はあなたのすべてを支持します。

Posted by kobayashi at 00:11

2004年03月16日

市議会議員のページです

 今までの「小林MEMO」を読み返してみると、おおよそ議員のホームページにはほど遠い内容が多いことが気になりました。しかし、私を知ってもらうために、敢えて、しばらくは議員活動に限定せず、今までと同じように、思うままに書き綴ろうと思います。
 今日は先週から引き続き、教育民生委員会での教育委員会の予算審議を傍聴しました。一般の方も4名来ておられました。うれしいことです。委員からは多くの質問、質疑があり、よく勉強しておられることに感心しました。明日から、私の所属する総務委員会が始まります。
 ニュースステーションを見ていましたら、明日のレバノン戦の先発予想をしていました。私と全く同じなのに、ビックリしました。GK:林、DF:徳永、阿部、茂庭、MF:鈴木、今野、石川、松井、森崎、FW:大久保、平山です。ツートップ田中、高松「山口ホットライン」はUAE戦に備え、今回はリフレッシュのため控えに回しました。とにかく、明日は冷静に、冷静にと監督の気持ちで応援します。

Posted by kobayashi at 00:00

2004年03月14日

U−23 若き日本代表へ 

 バーレーンの出来も良かったが、君たちが悪すぎた。アテネは、世界は、そう簡単じゃない。何をカッコつけているのだろう。君たちに失うものは何もなく、あるのは栄光だけだろう。多くの人の支えがあってこそだとしても、誰もが立てるピッチではなく、君たちだけに与えられたものだ。前だけを見つめ、誰に遠慮することなく、思いっきりワガママに、自分のためにだけ戦って欲しい。すべてはそこから始まる。今こそがチャンス!元気出していこう。

Posted by kobayashi at 23:52

2004年03月13日

県警音楽隊 宮野小で 弾ける

 今日午前中、宮野小学校体育館で県警音楽隊サウンドインパルスの演奏とカラーガードの演技がありました。これはPTA文化部が主催する趣味の会の一環として開催されたものです。基本的には親子が対象ですが、地域の方にもご案内をしており、100人を越える来場者でした。併せて、山口警察署、山口市役所による交通安全教室、JR西日本による踏切の安全の指導も行われました。音楽隊はさすがによく訓練されており、本物はそれに関わりがない方も感動するものです。間近に接することができ、私も含め多くの方が満足感に浸られたのではと思っています。
 午後からは、山口県サッカー協会の平成15年度常任理事会へ出席しました。終了後、懇親会があり、今私は酔っぱらいですのでここまでで失礼します。
 追伸 明日 19:20より アテネオリンピック、日本ラウンドが始まります。皆様、是非応援をよろしくお願いします。田中、高松「山口ホットライン」頼んだぞ!

Posted by kobayashi at 22:31

2004年03月12日

教育民生・建設委員会 始まる

 今日は、午前中に建設委員会での水道局の予算審議を、午後からは教育民生委員会での健康福祉部の予算審議を傍聴しました。大変勉強になります。15日(月)もありますので傍聴の予定です。私は議員になる前はガス会社にいましたので、水道局には親しみがあります。ガスに安全を添えて送るのがガス会社なら、水道局は水に安心を添えて送ると言ったところでしょうか。私の所属する総務委員会は16日・17日に経済委員会と同時に開催されます。

《常任委員会MEMO》
山口市議会には4つの常任委員会があり、議員はいずれかに所属します。開催は原則として定例議会開催時(3月、6月、9月、12月)です。
〜輒外儖会:8名、所管:秘書課、工事検査課、総務部、企画財政部、出納室、選挙管理委員会、監査・公平委員会 4月から組織変更:秘書課→総務部内、工事検査課→監理課、企画財政部→総合政策部
教育民生委員会:8名、所管:市民部、健康福祉部、教育委員会
7从儖儖会:7名、所管:経済部、農業委員会
し設委員会:7名、所管:環境部、都市整備部、水道局


Posted by kobayashi at 23:01

2004年03月11日

感動の卒業式

 今日、一般質問をしました。本来ならこのページで私の所感を述べるところですが、いささか疲れ気味なので、後日にさせてください。
 ただ、今日の宮野中学校の卒業式が、あまりにも感動的でしたので、少し書かせてください。
 式は厳粛なうちに進んで行き、いわゆる儀礼的な感もあった。ところが、卒業生代表の男子生徒の答辞が、会場の雰囲気を一変させた。彼は同級生を仲間と呼び、その仲間がいたからこそ自分はここに存在すると感謝の念を涙声で語り始めた。そして、そんな仲間に対し、過去を振り返ること、未来を想像することも大切だが、それより「今が大事」と自分の思いを伝えた。終わりに自分の希望を必ず叶えると言い切り、前におられた校長先生と固い握手をした。15歳の彼の言葉が、会場の人々の心を揺さぶり、感動の涙で会場を溢れさせた。
 日本もまだまだ大丈夫と確信できる卒業式でした。

Posted by kobayashi at 23:15

2004年03月10日

火が消えない!

 昨日の「お尻に・・・・」の意味がわからないとの問い合わせがありました。一般質問の原稿が仕上がらず、非常・非常に焦っている、と表現したつもりですが、私の独りよがりの言葉だったと反省しています。 「つもり行動が信用をなくし、人間関係にひびを入れる:言ったつもり、したつもり」には、私自身、注意していたつもり
 情けない話ですが、昨日からその状況はいっこうに好転していない故、今日もこれで失礼します。

Posted by kobayashi at 21:32

2004年03月09日

午後9時30分 終了

 今日の質問者は6名。5人目が終わり20分休憩後の15:30、一人目の発言内容が不適当であったとの理由で、動議が出され賛成多数で一般質問中断。5時間協議の後、発言の一部を取り消すことで決着。20:30、最後の6人目がようやく登壇。かくして一般質問2日目は、混乱の中21:30閉会となりました。お尻に本火がついている故、詳細は後日。

Posted by kobayashi at 23:53

2004年03月08日

一般質問 初日

 今日から一般質問が始まり、7名が登壇しました。3月議会らしく予算関連の質問が最も多く、合併問題、第4次行革関連と続きました。
 合併についての質問に対し、市長の答弁は「2市4町の合併による30万中核都市の実現を最優先にする」との言葉が数多くありました。私が残念に思うのはそれに加え、何故中核都市を目指すのかを具体的に説明する言葉が殆ど無かったことです。これでは、合併は目的ではなく手段だと言っても、合併が目的のように聞こえるのではないかと思うのです。 この件については、11日13:00からの私の一般質問の中で述べる予定です。
 今日を含め11日までの4日間、23名が質問しますので、是非ケーブルテレビで見ていただければと思います。

Posted by kobayashi at 23:32

2004年03月07日

朝起きてビックリ!

 私の住む宮野の郷は辺り一面雪景色。春の雪ゆえ、昼までには溶けていましたが、冷え込みは厳しく、真冬なみの厚着で外出しました。そう言えば高校の頃、「山口のチベット」と友達にからかわれていたことを思い出しました。それにしても寒い。
 不幸は続くと申しますが、またご近所で愁いごとがあり葬儀に参列させていただきました。ご冥福をお祈りいたします。今日の寒さと同じくこれを最後に、春の訪れを望みます。
 田中達也選手は、(旧)徳山市の出身とお伝えしましたが、お兄さんは山口高校サッカー部のOBと言うことを今日聞きました。兄弟は顔形、プレーまでもそっくりとのことでした。一段と親近感が湧き応援にも更に力が入ろうというものです。勿論、高松大樹選手にも期待しています。二人の山口ホットライン、またまた見せてください。
 毎度のことですが、一般質問の原稿に向かい、一人もがいています。文才とは先天的なものに思えて仕方ありません。

Posted by kobayashi at 20:09

2004年03月06日

こんな感動! ほんとにいいの?

 いゃー すごい奴らです。対UAE、こんなオヤジを泣かしてどうするの。ありがとう。U-23 若き 日本代表。
 田中・高松 山口ホットライン 再び炸裂・爆裂。ここまでしてくれるゥ。ありがとうとしか言えない。
 理性を失っていますので、今日はここまで。

Posted by kobayashi at 01:47

2004年03月04日

アテネへ 山口ホットライン炸裂

対レバノン 3点目 田中ー高松の山口ホットライン。見せてもらいました。ありがとう。
田中の右からのクロス→高松胸でワントラップ→左足の強烈なシュート→ゴールネットに突き刺さる
明日5日はUAE戦。UAEは昨日、初戦日本が引き分けたバーレーンに3−0で勝ったようです。しかし、ホームのUAEに対しては、勝つに越したことはないけれど、負けなければ「よし」ぐらいの気持ちでいい。ただし、タフなゲームになります。気合いだけは負けないように。アテネへの切符は3月14日から始まる日本ラウンド最終戦(18日対UAE)で手に入れればよい。 ガンバレ U−23 若き日本代表!
 

Posted by kobayashi at 01:01

2004年03月03日

一般質問 通告完了

質問通告は下記です。 
 ア 平成16年度当初予算について
  〇旭粍貘硫革に対する国などへの要望
  ∈眄運営行動指針の見直し
  市民生活への影響
  てるをはかって、出を制する
 イ 地方分権と市町村への事務移譲について
  _甬遒了務移譲の実績
  ∋務移譲の意向調査への回答
  事務移譲に対する基本的な考え方
 ウ 子どもの居場所づくりについて
  |楼荵劼匹盒擬漆篆併業の取り組み
  ⇔閏蕾板躬童学級との連携         以上
 私の質問日時は11日(木)13:00からです。議場での傍聴やケーブルテレビ(ライブ中継)でご覧いただければ幸いです。 
※《通告制度》MEMO
通告制度は一般質問項目を事前に届け出て、それを受けて答弁作成のために担当部署が質問の要旨を聞き取り(ヒヤリング)します。事前に知らせることには賛否両論ありますが、日本の多くの議会が用いている制度です。きちんとした答弁が得られ、円滑な議事運営が出来る利点もありますが、緊張感が無くなり、馴れ合いになる危険性もあります。私は事前通告なしに、ガチンコで論戦に挑むことに憧れを持ち理想としています。しかし、それにはまだまだ勉強不足であることを認めます。

 実は私、サッカー大好き人間です。1時間後にUAEラウンド第2戦 アテネオリンピックを目指すU−23若き日本代表VSレバノンが Kick off です。平山、山瀬の活躍を予想しています。
《サッカーMEMO》
 FW田中達也は周陽中(旧徳山)、同じくFW高松大樹は多々良学園 共に山口県出身者です。熱き応援よろしくお願いします。

Posted by kobayashi at 21:53

2004年03月02日

介助犬について

 今日、山口西京ライオンズクラブの例会で、介助犬のデモンストレーションを見学しました。犬の動作は感動ものです。講師は「NPO法人 介助犬育成を目指す会」の手島芳子さん(防府市)です。
 介助犬とは、肢体の一部に障害を持つ方の介助をするために、訓練を受けた犬であり、障害の場所やその重さが異なるため、その方ひとりの求められる動作が介助犬の動作になるとのことでした。
 一般に補助犬と呼ばれる中には、よく知られているのは盲導犬で国内に約930頭いるとのことですが、実働する介助犬は6頭・聴導犬は1頭だそうです。何故そんなに少ないのかというと、中四国、九州内では介助犬の訓練団体が防府に1つあるだけだそうです。その根本の理由は社会の理解不足だと思いました。かくいう私もその一人です。
 今日最も印象に残ったのは「困っている方を思うやさしさが、人に社会にもう少しあれば、本来介助犬は必要なかったのでは。」との言葉でした。
 手島さんは息子さんと二人で全くのボランティアで活動しておられます。皆さんに是非お願いしたいことは、資金援助は勿論ありがたいのですが、一人でも多くの方に活動を理解してもらうために『介助犬のデモンストレーション』をすることにもお力添えをいただきたいのです。声をかけてもらえれば、都合の付く限りお伺いするとのことでした。よろしくお願いします。
     《介助犬育成を目指す会 手島  携帯番号 090−1336−2528》   

Posted by kobayashi at 21:23

2004年03月01日

3月定例議会 初日

 3月議会の初日 予算:17議案 条例:8議案 事件議決:9議案 計34議案が上程されました。会期は3月22日までです。
  通称「3月議会」と呼んでいますが、正式には「平成16年 第1回 山口市議会(定例会)」という名称です。回数(ナンバリング)は年度(4月から3月)ではなく、1月〜12月で付けられます。議会には定例議会(3・6・9・12月の4回)と臨時議会(随時)があり、回数は開催された順に付きます。
  
 今日は悲しい知らせがありました。私の2つ上の先輩であり、同じ町内の山本明彦さんが逝去されました。大変発想が豊かで、懐の深い方でした。私が会社を辞めてから苦しいときに何度助けていただいたことか。今はただ静かにご冥福をお祈りするだけです。

Posted by kobayashi at 23:32